zaki雑記

体の大きさを奪い合う新感覚TPS「モーフィーズ・ロウ」感想【Switch】

こんにちは、ゲーム大好きざきです。

8月23日にNintendo Switchでリリースされ、ネットでも話題になっているゲーム、「モーフィーズ・ロウ」をプレイしたので今回は紹介と、感想を書こうと思います。

f:id:zakiix:20180828030633j:plain発売日 : 2018/8/23
発売元 : Cosmoscope
ジャンル : シューティング/アクション
販売方法 : ダウンロード版のみ
価格 : 1,944円(税込み)

「モーフィーズ・ロウ」とは? どんなゲーム?

「モーフィーズ」というロボットを操作し、最大4対4のチームバトルを繰り広げられるロボットアクションシューティングゲームです。

最大の特徴は何といっても、敵の各部位を撃つと、自らのその部位が大きくなることです!

各部位は8つに独立していて、例えば敵の脚を打つと自分の足が大きくなりそれに比例して相手の脚は小さくなります。また、巨大化した部位は大きくなることによってパワーアップし、脚の場合だと移動スピードやジャンプ力がアップします。しかし、大きくなりすぎると敵の的になってしまったり...。

逆に敵に撃たれて小さくなると相手の弾に当たりにくくなるメリットがあります。

 

1マッチ4分間でライフが0になると死んでしまいますがリスポーン地点から何度でも蘇ることが出来ます。敵に撃たれる以外にも、マップから落ちてしまったり、罠に引っかかっても死んでしまうので注意が必要です。f:id:zakiix:20180828044108j:plain

感想 

シューティングゲームが苦手な僕でも、十分楽しめるゲームでした。

体の大きさが変わり大きくなっただけその部位が強化されたり、撃たれてまくって負けているほうが敵からの攻撃を受けにくいというのが面白く、足を強化してジャンプで上から攻めたり、小さくなってからの不意打ち等、いろんな戦略を考えられ面白いです。

splatoon同様、エイムにはジャイロ機能をつかうことができます。他のシューティングゲームより若干エイムがしやすく、敵の狙った部位にあてやすい印象でした。僕はジャンプ力が欲しく、敵の足ばかり狙っていたので足だけ巨大になってしまいました(笑)。

f:id:zakiix:20180828043846j:plain

武器はレベルアップで解放され、自分でカスタマイズできるのが魅力の一つです。

モーフィーズの見た目もパーツごとに変えれるので、自分好みの見た目にすることが出来ます。

 

シューティングゲームが苦手な方でも操作しやすい作品だと思いますので、よろしければ、皆さんもぜひ、プレイしてみてください。

 

 

 

公式サイト

 モーフィーズ・ロウ