zaki雑記

『椀もなか 花一会』のお茶漬けをいただきました【感想】

こんにちは、ざきです。

以前、知人から麻布十番にある『椀もなか 花一会』の最中お茶漬けをいただきました。

見た目がとっても可愛く食べるのがもったいなくて、ずっと棚にしまっていたんですが、いつの間にか賞味期限が後1週間に!

んー。もったいないけど食べちゃおう!

 

最中に入ったお茶漬け

f:id:zakiix:20181007020731j:image

僕が頂いたのは「紅鮭」と「鯛」の二つの味です。

この最中の中にお茶漬けが入っているそうです。

いただくまで、こんな商品があるなんて全く知りませんでした。

どんな味か楽しみです!

 

 

 

作り方

f:id:zakiix:20181007021436j:plain

今日は鯛のお茶漬けをいただこうと思います。

袋を開けると、最中と真空パックされた鯛のフレークが入っていました。

 

袋に入っていた作り方にしたがってアツアツのご飯の上に最中を3つに割ってのせます。

次に鯛フレークをさらにのせます。鯛フレークは袋を開けただけで、鯛の旨味が凝縮されたような香りを放ち食欲をかき立ててきます。
f:id:zakiix:20181007020920j:image
こちらにお湯をかけたら完成!

はい、普通のお茶漬けの作り方とあまり変わりません。(笑)

 

 

 

さっそく、いただきます!

f:id:zakiix:20181007020853j:image

お湯をかけると最中がすぐにふやけてしまい、可愛いかったのがあっという間にぐちゃぐちゃに……。

いや、大切なのは味だ!

 

いただきます!

 

おっ、これは!

 上品で塩分控えめなだしの味、それと一緒に口に入ってくる鯛の身の強いうまみとアクセントになるしょっぱさが味全体のバランスをとっています。最中は、見た目こそは悪くなってしまいましたが、だしの味を吸い込んで口の中でジュワっと今までにない食感を作り上げ、とても美味しかったです。

今まで食べたお茶漬けの中で一番上品な味でした。

 

最後に

また食べたいなと思い、ホームページをチェックしました。

麻布十番 椀もなか 花一会|

今回いただいた、お茶漬け以外にもスープやお吸い物、リゾットなど、合計100種類以上の商品があるそうです。

値段の方は、贈り物だけあって自分ように買うにはちょっと高く感じます。

逆に贈り物としては、そこまで高くなく子どもから大人まで楽しめるのでベストではないかと思いました。

 

また、誰か送ってくれると嬉しいな。(笑)